ちんこを大きくする方法【手術・注射】

ちんこを大きくする方法【手術・注射】

ヴィトックスα

公式ヴィトックスα


主成分のL-シトルリンが従来の2倍に!
100種類以上の成分を追加配合!
価格は今まで通り据え置きです。


公式ヴィトックスα

 

 手術でちんこを大きくする方法とは?

 

手術でちんこを大きくする方法があるのですが、まずひとつ挙げられるのが長径術というものです。ちんこというのは出ている部分がすべてではありません。体の中に埋もれている
部分もあるのです。それを引っ張り出すのが長径術という手術になります。メスを入れる場合もあるのですが、メスを入れずに糸で引っ張り出すという方法もあるようです。
また、脂肪吸引長径術というものもあります。名前の通り、長径術のひとつということになります。ただ、これは太っている方のみの手術になります。逆に言えば、太っていない方にはこの手術方法はできません。脂肪吸引長径術では、下腹の脂肪を取り除いて、その下腹に埋まっていたちんこを引き出すことになります。
手術でちんこを大きくする場合、基本的には体の中に埋まっているちんこを引き出すということになります。そのため、勃起したときの大きさがアップする、勃起力が向上するといったことはありません。もちろん、太さが増すといったこともありません。あくまでも埋もれているものを引き出すだけの手術です。

 

 注射でちんこを大きくする方法とは?

 

ちんこを大きくするための注射というのもあります。一般的には増大術と呼ばれるのですが、注射でコラーゲンやアクアミド、脂肪といったものをちんこに注入することによって、ちんこを大きくしていく方法になります。物理的に注入して、大きくするのでちんこが大きくなった実感というのは得やすいかもしれません。
ただ、どこに何を注入するかによって値段も注射後のケアも違ってきます。また、直接ちんこに注射をするということで、ちんこにはそれなりの負担がかかります。注射をしたからといって、その効果がずっと続くわけでもありません。もともと体に害のないものを注入しますので、それが体内に吸収されてしまうともとの大きさに戻ってしまいます。
注射をするだけでちんこが大きくなるというととても便利な方法に思えるのですが、やはりリスクはあります。注射をするだけですので時間はそうかからないものの、やはりちんこに痛みを感じることになります。それに、注入されたものが思った以上に早くに体内へ吸収されてしまえば、また注射をしなければいけません。ちんこへの注射は1本でもかなりの高額になりますので、何度も打つことになれば経済的にもかなりの負担になります。